2018/07/27(金)ニホンジカ生息地における「チカラシバ苗」植栽試験報告 ~チカラシバはシカに食べられるか~

平成29年より西日本のニホンジカ生息地において、チカラシバの植栽試験を行いましたので、
ご報告致します。

<目的>
①ニホンジカ生息地において、チカラシバ(苗)は定着し、生育できるか。
②チカラシバが緑化植物として検討できるか。
s-180727_1.jpg

続きを読む

2018/05/16(水)米子水鳥公園で「浮島型カメ捕獲装置」を設置していただきました!

s-180516.jpg


鳥取県にある米子水鳥公園
ラムサール条約登録湿地として野鳥がたくさん生息している貴重な環境です。
野鳥が集まる重要な場所にもミシシッピアカミミガメが増えており、
これから繁殖期を迎える水鳥の卵やヒナにも影響を与えてしまうそうです。

そこで弊社の「浮島型カメ捕獲装置」を採用いただきました。
設置の様子を水鳥公園ブログに掲載して下さいました。
是非、ご覧ください。

設置の様子

カメVSカイツブリ

カメは甲羅干しする場所を求めて、水鳥の巣まで利用してしまうようです・・・。
浮島型カメ捕獲装置が活躍してくれることを願います!
ご興味のある方はお気軽に問合せ下さい。


【山口・三島】

2017/11/08(水)鹿の食害対策にはチカラシバが良さそうです。

171108_007.jpg

チカラシバが良さそうです

171108_001.JPG
チカラシバの成育状況
チカラシバはイネ科の多年草で,日本全国に分布しています。道端に普通に見かける日本の在来種(雑草)です。比較的乾燥に強く,しっかりと根を張りますので,法面緑化植物には適しています。また,鹿の不嗜好性植物としても知られています。実際に野外で試験を行ってみますと,鹿の食害は若干あるものの,植栽した苗は良好に定着し,播種でも発芽を確認することができました(イノシシによる掘り返しの被害は受けていますが)。

萱株苗(雑草苗)と在来種で緑化シート

171108_003.JPG
萱株苗(チカラシバ)
 
エスペックミックでは,こうして特性を持つチカラシバを植生シート(在来種で緑化シート)や小さな苗(萱株苗)として提供しています。また,チカラシバのマット苗も検討しています。まだ試験段階ではありますが,鹿の食害でお困りの方は是非,弊社にお問い合わせください。
 
171108_006.JPG
播種によるチカラシバ
 
【山口勉 代筆:同僚(A型)】
OK キャンセル 確認 その他