2019/06/17(月)ルートボール・ミニ(チガヤ)の実績表を掲載しました。

190617_001.png


ルートボール・ミニは日本の在来種のセル苗です。直径φ2cmと小さく,ポット苗と比較すると植栽がとても容易です。チガヤやススキ(萱株苗)など,イネ科草本はすぐに成長しますから,このサイズでも良く活着します。

チガヤの実績表を掲載しましたのでご参照下さい。

2018/11/13(火)蓮沼川 自然石連結ブロックの緑化

181113_001.jpg


河川の護岸に用いる自然石連結ブロックは自然石を利用した護岸です。緑化を行うために現地発生土の客土などが行われますが,客土の中には様々な植物の種子が混ざっており,外来種の種子も多く含まれています。そのため,どのような植生になるのか不確実性があります。

続きを読む

2009/04/21(火)兵庫県 加古川市兎ヶ池ため池改修工事事業 ~地元住民による地域性種苗(チガヤ)の植栽と堤体緑化~

190124_003.jpg


兵庫県の東播磨地域では水辺を活かした新しいふるさとづくり「いなみのため池ミュージアム」が展開されています。行政と地域住民の参画と協働のもと、貴重な水辺空間をより素晴らしい姿で次代へ引き継いでいく事を目的に様々な活動に取り組んでおり、その活動の一環として加古川市志方町西牧にある兔ヶ池の改修 工事と併せた、堤体法面へのチガヤ苗の植栽会が平成21年3月22日に開催されました。

続きを読む

2008/06/12(木)大阪府 今城塚古墳整備工事 チガヤによる墳丘法面緑化 ~史跡公園内における在来種緑化~

190219_036.jpg


大阪府高槻市にある今城塚古墳は古墳時代後期の6世紀前半に築造された前方後円墳(三島野古墳群に属する)で,淀川流域では最大規模の墳墓として知られて います。高槻市は7ヵ年の歳月をかけて荒廃した墳丘の復元事業に取り組み,2011年4月に史跡公園として整備・一般公開するに至りました。

続きを読む

2008/03/11(火)大阪府 羽鷹池公園整備事業 ~クズ・セイタカアワダチソウ群落からチガヤ群落に~

[2009/05/25]
190306_003.jpg
190306_004.jpg
190306_005.jpg
190306_006.jpg
190306_007.jpg
190306_008.jpg


さて出穂の時期です。現場に足を運んでみると・・・・写真の通りの風景が目に飛び込んできました。ばらつきはありますが、チガヤは元気いっぱいです。かわいい白い穂をふわっと風になびかせ、私を迎えてくれました。もちろん去年せっせと除草にいそしんだセイタカアワダチソウやコセンダングサ、ネズミムギ等もまだまだ見られます。ただここまでの状況にもってくる事が出来れば、今後は適期の刈取管理作業のみでチガヤ群落の維持は可能です。まばらに植えたカワラナデシコも可憐で控えめな花を咲かせていました。羽鷹池の護岸にどこか懐かしい風景が戻ってきたような気がします。

続きを読む

OK キャンセル 確認 その他