2010/07/08(木)神奈川県 引地川 ~チガヤマットとグリットシーバーV3~

 引地川は大和市が管理する準用河川です。
この引地川は都市の中を流れる河川で、人々に親しまれる川づくり、親水構造を検討しつつ整備がすすめられてきました。

平成22年度には親水護岸への緑化として、チガヤ法面が施工されました。弊社としては、神奈川県でのチガヤマットは初めての試みです。しかし、チガヤマットを水際に張り付ける工事では、河川の増水時に法面の土が吸出されて植生ごと流亡する危険性があります。そこで私たちは、グリットシーバーV3を併用することを提案しました。グリットシーバーV3はジオテキスタイルと吸出抑制材の不織布が一体となった構造で、護岸を形成しつつ浸食を防止することができます。

引地川の法面施工に関しては、このグリットシーバーV3を敷設後、その上にチガヤマットを張り付けました。この方法により、法面が吸い出されることなく緑 化され、かつ流速3m/sの流れに対応できると期待しています。施工が夏にさしかかっていたので、出荷や施工中の傷みや蒸れが心配でしたが、施工業者の 方々にうまく管理して頂いたおかげでチガヤも枯れることなく活着しました。


100708_003.jpg
施工状況.
平成22年7月8日撮影
100708_004.jpg
施工状況.
平成22年7月8日撮影
100708_005.jpg
生育状況(施工後4ヶ月).
平成22年11月18日撮影


100708_006.jpg
生育状況(施工後4ヶ月)
平成22年11月18日撮影


 引地川の結果によりグリットシーバーV3とチガヤマットを組み合わせることで、出水時の流れがある所でもチガヤによる緑化が可能であることが証明されました。

[2010年7月8日]

2005/04/01(金)神奈川県 いたち川(紅葉橋)~植物群落の機能を活かす~

181126_007.jpg

 神奈川県いたち川は1993年3月ベストマンシ ステムが日本で初めて採用された河川です.紅葉橋付近ではベストマンパレット(ツルヨシ)は水の流れを制御するための植物による水制として導入されまし た. 施工地点には自然に形成された淵がありましたが,河川改修においてもこの淵を保存できるよ,置き石による水制工の設置などの配慮が行われています.施工は 水制の設置とその後の河川の応答を見ながら行われました.淵周辺に設置されたベストマンパレットは水の勢いを弱めると共に砂をトラップし,淵の維持に貢献 しています.

続きを読む

2003/12/01(月)神奈川県 望地用水路

[2005/10/13]
181130_003.jpg
ロックロール(ネットジャカゴ)の設置
により水路は自然な景観が
形成されつつある
181130_004.jpg
移植したセキショウの生育状況.
ロックロール(ネットジャカゴ)に
植物が定着している
181130_005.jpg
ロックロール(ネットジャカゴ)
のPPネットにはコケが生育していた
 
181130_006.jpg
ロックロール(ネットジャカゴ)
には様々な植物が定着しはじめた
 
181130_007.jpg
仕事で来たことを忘れてしまうような
のどかな風景が広がっていた.
次回はお弁当をもって…

続きを読む

1999/05/20(木)神奈川県 大根公園 ~調整池をビオトープに~

181130_016.jpg
↑1999年5月20日.水際に発達したフトイ群落.システム設置およそ1年後の状況.


ため池や調整池をビオトープにする場合,ビジョンを明確にして取り組む必要があります.

ビオトープとは一般的に生物の生息空間あるいはある特定の環境条件の生物群集の様な意味合いがありますが,言葉の意味からはどのようなものでもビオトープに なってしまいますね.そのため放っておいてアメリカセンダングサやオオブタクサなどの帰化植物が繁茂してしまってもビオトープといえばビオトープと言えま す.しかし,生態学的な反論だけではなく,やはり人間の心理とはちょっと違和感がありますね.せっかくお金を払ってつくっているのですから,何となくそれではいけないような気がします.

続きを読む

OK キャンセル 確認 その他