ホーム 特集 森の調査業務

森の調査業務


>森づくりサポート トップページ

森の調査業務

樹林化を目的とした現地植生調査などの事前調査や、植栽地のモニタリング調査、CO2固定量調査を実施します。環境を「つくる」だけにとどめず、活用し、評価するための「森を知る」取り組みです。

  • ・植裁候補地における植裁適種を現存する周辺の植生を基に検討します
  • ・植栽地の生育状況をモニタリング調査し成長量を見える化します
  • ・植栽地のトラブル(病害虫、鳥獣害)を解決します
  • ・外来種の生育量を調査し、防除対策をご提案します

 

3sub1.jpg(88391 byte) 3sub2.jpg(118882 byte)

 

 

事例1:緑地計画に関する導入樹種選定のための現地踏査業務

海浜付近の緑地計画について、現地の周辺植生調査を行い、現植生に則した導入樹種の選定を実施しました。

03-3zirei.jpg(107764 byte) 03-4zirei.jpg(64566 byte)

事例2:特定外来生物アレチウリの防除対策検討業務

アレチウリの繁茂が確認された河川環境において、アレチウリの防除対策の検討を行いました。アレチウリの生態的特性を把握するために現地のモニタリング調査を行い、現地の草刈りによる維持管理業務と関連付けた防除・植生管理方法を提案しました。

03-6zirei.jpg(103159 byte) 03-5zirei.jpg(101156 byte)

カテゴリ:森づくり

Copyright ©2013 ESPEC MIC Corp. All rights reserved.