ホーム 特集 ■サーモレコーダー RT-14(N)/RS-14(N)シリーズサポート

■サーモレコーダー RT-14(N)/RS-14(N)シリーズサポート


インフォメーション

RS-14/RT-14  2013/10/1 発売開始

RS-14N/RT-14N  2015/7/1 発売開始

カタログ

サーモレコーダー リーフレット 0.7MB (.pdf)  2013/10/1

ソフトウェア

設定用  RT_RS-14 for Windows ver.2.23 13.8MB (.exe) 2018/5/2

グラフ表示・閲覧・編集ツール >> こちらへ

記録データ吸い上げツール >> こちらへ

データサーバー(DATA SERVER) ツール >> こちらへ

※RT-14/RS-14 RT-14N/RS-14N/RS-14NH をご使用の方は、

上記の4つの全てのソフトをインストールしていただくと便利です。

対応OS(*1)
Microsoft Windows 10 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 8 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 7 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows Vista 32bit (SP1以降) 日本語版

(*1) インストール時、Administrator (パソコンの管理者) の権限が必要になります。
(*2) Windows 8をご利用の場合、弊社ソフトウェアは [デスクトップ] 画面での動作のみサポート対象となります

 

RT-14/RS-14/RS-14H  専用

ファームウェアアップデート ver1.10 5.5MB (.exe) 2017/12/1
無線LANファームウェアのみ
RTRS14_Wifi_Firm_Update_V2.5.10.exe 6.5MB(.exe) 2018.4.15

対象製品
・RT-14:E21206DD~ 以前
・RS-14:E2140FDB~ 以前

<アップデート手順>
・対象機種をご確認いただき、お間違いのないようご注意ください。

・ファームウェアアップデートを行うと、記録データは消失いたします。データ吸い上げを行ってからアップデートを行ってください。

・アップデート作業は、本体とパソコンをUSB通信ケーブルで接続して行います。

・USBドライバがインストールされていない場合、RT-14・RS-14 ファームウェア アップデート起動中にドライバのインストールが開始するので、必ずインストールしてください。

・ダウンロードしたRT-14/RS-14 ファームウェア アップデートを起動します。
・ダウンロードしたRT-14/RS-14 ファームウェア アップデートプログラムを実行します。
・画面指示に従って、本体ファームウェアのアップデートを実行します。
・アップデート中はRT-14/RS-14の液晶表示に[LoAd]と表示され、アップデートは数分で終了します。
・正常にバージョンアップされた場合、RT-14/RS-14の電源ON時に液晶表示に[LXXX]と表示されます。

・本文中の[XXX]の部分は、ファームウェアのバージョンに対応した数字が入ります。アップデート対象のバージョンに読みかえてお読みください。
・液晶表示が[LoAd]表示のままフリーズした場合は、以下の方法を試してください。

▶ 再度アップデートを行います。

▶本体からUSBケーブルを取り外し電池を抜きます。液晶表示が消えたことを確認してから、再度アップデートを行います。

▶パソコンにUSBポートが2つ以上ある場合は、USBケーブルを他のUSBポートに差し換えます。

▶パソコンを再起動します。

 

RT-14N/RS-14N/RS-14NH  専用

ファームウェアアップデート ver1.07 6.5MB(.exe)  2017/12/1

<アップデート手順>

・対象機種をご確認いただき、お間違いのないようご注意ください。

・ファームウェアアップデートを行うと、記録データは消失いたします。データ吸い上げを行ってからアップデートを行ってください。

 

■ おんどとり Web Storageをご利用の場合

・アップデートプログラムのダウンロードは必要ありません。

・下記の手順でRT-14N/RS-14Nをリセットすることにより新しいファームウェアがインストールされます。

<リセット手順>
・記録中の(液晶画面に[REC]マークが点灯している)場合、REC/STOPボタンを3秒以上長押しし記録を停止させます。

・PWRボタンを1秒以上長押しし、本体の電源をOFFにします。

・DISPLAY、INTERVAL、REC/STOPボタンを同時に押しながら、PWRボタンを1秒以上長押しし、液晶画面が全点灯したらすべてのボタンを離します。

・リセット後、約5秒程度でインストールは終了します。液晶画面に[LXXX]と表示されたらファームウェアのアップデートは成功です。

・[XXX]の数字が最新のファームウェアのバージョンに対応しない場合は、アップデートに失敗しています。アップデートプログラムをダウンロードしてアップデートを行ってください。

■ おんどとり Web Storageをご利用でない場合

・アップデートプログラムをダウンロードしてアップデートを行ってください。

・USBドライバがインストールされていない場合、RT-14N/RS-14N ファームウェアアップデート起動中にドライバのインストールが開始するので、必ずインストールしてください。

・RT-14N/RS-14NをUSBケーブルでパソコンに接続します。

・ダウンロードしたRT-14N/RS-14N ファームウェア アップデートプログラムを起動します。

・画面指示に従って、本体ファームウェアのアップデートを実行します。

・正常にバージョンアップされた場合、TR-7nwの電源ON時に液晶表示に[LXXX]と表示されます。

・ファームウェアのアップデートは数分で終了します。

・[XXX]の部分は、最新ファームウェアのバージョンに対応した数字が入ります。アップデート対象のバージョンに読みかえてください。

 

 

 

バージョンアップ情報

設定用ソフトウエアバージョンアップ Ver. 2.23 2018/5/2

<アプリケーション機能追加>

・データ送信先を、おんどとりWeb Storageか海外のT&D WebStorage Serviceか選択できるようにしました。

・アクセスポイントのネットワーク名に「”」(ダブルクォーテーション)の入力を禁止しました。

<Html HELP修正>

・データ送信先を選択する画面説明するページを追加しました。

・データ送信先ボタンの説明を追加しました。

・おんどとりWebStorageの「記録データの確認方法」の内容が古いので修正しました。

ファームウェアアップデート RT/RS-14/RS-14H 本体 無線LANファームウェアのみVer. 2.5.10 2018/4/15

無線LAN脆弱性の対策(WPA2の脆弱性)

ファームウェアアップデート RT/RS-14/RS-14H 本体 Ver. 1.10 2017/12/1
ファームウェアアップデート RT/RS-14N/RS-14N(H) 本体 Ver. 1.07 2017/12/1

以下の条件時に警報判定しなくなる不具合を修正しました。
・電池残量低下時に警報が発生し、警報が送信できていない本体に対して、記録開始や警報設定変更などの操作をした場合
・本体がネットワークエラーを検出した時など、ネットワーク接続をリセットしているタイミングで警報が発生した場合
スリープ状態[SLP表示]になったときのログ記録を初回のみ記録するよう修正しました。
電池残量が低下し自動送信動作が停止した場合のログ記録を初回のエラーのみ記録するよう修正しました。

ファームウェアアップデート RT/RS-14N/RS-14NH  Ver. 1.06 2017/04/1 Ver.1.06
THERMO RECORDER Data Server のRT/RS-14/14N 設定ツールにより、
データ送信先アドレスを、「192.168.123.100/index.php」等と、[IPアドレス]/[ファイル名]と設定した場合、 指定したIPアドレス宛にデータ送信していなかったのを修正しました。

ファームウェアアップデート RT/RS-14 本体 Ver. 1.08 2016/2/12
おんどとり Web Storageから変更した警報条件が本体に反映される前に警報が発生した場合、
警報メールに測定値が表示されない問題を修正しました。
サーバから時刻を取得する際の補正精度を高めました。

ファームウェアアップデート RT/RS-14 本体 Ver. 1.07 2016/2/12
無線LAN設定のアクセスポイント3が接続先として機能するよう修正しました。

ファームウェアアップデート RT/RS-14N/RS-14NH  Ver. 1.05 2016/12/14 Ver.1.05
WebStorageから警報設定変更を入力し、それがRT/RS-14Nへ反映される前にRT/RS-14Nが警報検出し、WebStorageに送信した場合、次回の警報メールが不正な状態(測定値が空白)になる不具合を修正

ファームウェアアップデート RT/RS-14N/RS-14NH  Ver. 1.03 2016/1/16
本体がまれに動作を停止する問題を確認したため、対策を行いました。

ファームウェアアップデート RT/RS-14 本体 Ver. 1.06 2015/10/16
通信障害などで本体が警報を送信できなかった場合、次回データ送信時に不通時の警報も送信するようにしました。
警報の条件を変更した時、変更後初回の警報メールで過去の警報内容を送信することがある問題を修正しました。記録データの送信先を固定IPアドレスに変更した場合、送信に失敗することがある問題を修正しました。おんどとり Web Storageから自動送信間隔を変更した場合、設定の反映に時間がかかっていた問題を修正しました。
無線LANの設定で、ネットワーク名が正しくパスワードが間違っている場合、正常なエラーコード(アクセスポイントが見つからない)を返していなかった問題を修正しました。

ファームウェアアップデート RT/RS-14N  Ver. 1.02 2015/10/16
LANでのSOCKET通信によるリモートコントロールコマンドを実装しました。(開発者向け)
通信仕様に関するお問い合わせは、別途お問い合わせください。
通信障害などで本体が警報を送信できなかった場合、次回データ送信時に不通時の警報も送信するようにしました。

ファームウェアアップデート ver1.04 2014/5/5
RS-14のみ
電源をOFFにすると、ごくまれに本体液晶画面に「OFF」と表示したまま動作を停止する問題を修正しました。
※ この現象が発生した場合、ボタン操作、記録データ吸い上げ、記録データ自動送信、設定変更が行えません。電池を取り外し、液晶表示が消えた後再度電池を入れて電源ONにすると復帰しますが、記録データは消失します。アップデートする前にPOWERスイッチをOFFにしないようご注意ください。

RT-14/RS-14共通
記録中に電池が切れて液晶表示が消えたのちに電池を交換すると、自動で記録を開始するように修正しました。

ファームウェアアップデート ver1.05 2014/7/5
RT-14N/RS-14N/RS-14NHの追加による変更

マニュアル

RT-14/RS-14/RS-14H

導入ガイド 2.6MB(.pdf) 2018/5/1
はじめにお読みください。2.5MB(.pdf) 2018/5/1

RT-14N/RS-14N/RS-14NH

導入ガイド 2.6MB(.pdf) 2018/5/1
はじめにお読みください。2.5MB(.pdf) 2018/5/1

カテゴリ:環境計測機器

Copyright ©2013 ESPEC MIC Corp. All rights reserved.