ホーム ブログ エビと金魚

エビと金魚 2017年8月10日

あるビオトープで生育していたエビを調べるため、
オフィスに持ち帰ってきたエビがいます。

種類を調べるため、資料を開いてみると、
カワリヌマエビ属の一種で、
結局は外来種でした。

エビがどこから侵入したかは定かではありませんが、
そのビオトープで繁殖していたのは事実です。

そして先日、縁日ですくった金魚が家族の一員となりました。
水槽を購入し、水草を入れ、
金魚が快適に生きられるであろう空間を作りました。

昔から日本人には、とても馴染みの深い金魚ですが、
観賞用に品種改良された魚の為、自然界には存在しないのをご存知でしょうか?

昨今は、色々な方法で、多くの生き物を気軽に購入することが出来るようになりました。
その一方で、生育が難しくなり、
自然界へ放棄したことで起こった問題などを耳にすることも多くなりました。
問題を解決することは単純ではありませんが、
何か少しでも弊社で、お手伝いが出来ることがあるかと思います。
関心のある方は是非、お問い合わせ下さい。

外来種対策


カテゴリ:コラム, 在来種による緑化

Copyright ©2013 ESPEC MIC Corp. All rights reserved.