2007/06/15(金)愛知県 平戸池

[2007/8/2]
181220_018.jpg

ベストマンアイランドと水際の植裁済みベストマンロール状況

これは私の上司が撮ってきた写真です。天気が悪いので良くわかりませんが、まぁまぁ育っているとの事でした。近くで見たいものです。池が大きいと中央部を見るためには望遠鏡が必要です(トランシットでも持っていこうかな)。周囲の植栽済みベストマンロールは順調です。



[2007/6/27]
181220_020.jpg

草丈の伸長は鈍い??緑色は濃くなってきました。

ベストマンアイランドはちょっと持ちかえした感じです。緑色が濃くなっていますので、うまく活着したのでしょうか。うーん、鳥が来ているのかは微妙な所ですねぇ・・・。


[2007/5/18]
181220_022.jpg
穏やかな流れとせせらぎの音が
聞こえてきます。
大府市の癒し系スポットになりました。
181220_024.jpg
ニワゼキショウが
自然発生しました。
 
181220_026.jpg
ブラックバス、ブルーギルを
池に持ち込むのは厳禁です!
 
181220_028.jpg
ベストマンアイランド
 
181220_030.jpg
周囲の植栽済みベストマンロール
 
181220_032.jpg
ヤナギが水辺にせり出し、
魚の隠れ家になっています。


施工した年の春の様子です。植えた植物以外にもせせらぎにはニワゼキショウやコウキヤガラなどが生えました。水辺の植栽済みベストマンロールのフトイは柔らかな緑色を縁取っています。私はこの風景にとても癒されます。ベストマンアイランドのカサスゲは原因不明の黄色を呈しています。もうちょっと様子をみることとしました。


[2007/1/30]
181220_034.jpg
ベストマンアイランド施工状況
 
181220_036.jpg
三角形に加工したベストマンパレットを
取り付けます。
181220_038.jpg
1躯体が完成したら
水中へ運び入れます。
181220_040.jpg
複数躯体を結束して形を作ります。
 
181220_042.jpg
アンカーを設置し
フロートをつけたら完了。


ベストマンアイランドを設置しています。まずステンレス鋼管で出来た躯体を組み立てます。これは浮力体としも機能しています。カメはこのステンレス鋼管を甲羅干しに使っています。今回の植物はカサスゲのベストマンパレットを取り付けました。カサスゲは当方の圃場でもカモが産卵していますので、鳥が来ることを期待しています。[水沼]


[2007/1/18]
181220_044.jpg
ベストマンパレットとルートボール
181220_046.jpg
植裁済みベストマンロール


私たちは自然に近い形で整備するお手伝いをしていますので、現地の環境に合致する植物をご提案させていただきながら、水際には植裁済みベストマンロール、せせらぎにはアゼスゲ、ヌマトラノオ、ミソハギなどのベストマンパレットとルートボールを植栽しました。さらに池の中央には浮島としてベストマンアイランドを施工しました。


[2005/6/15]
181220_048.jpg

施工前

愛知県大府市にある平戸池は、二つ池公園のうちの一方の池で、ため池として利用されています。2005年の時点ではセイタカアワダチソウが周囲を覆い尽くしてはいるものの、水際にはヨシやヤナギなどが自生しており、景観のよい水辺環境を呈していました。しかし周囲は柵で囲われ、近隣住民の立ち入りは不可能な閉鎖された空間でした。カメやトリなどは多く確認されていたので、都市の中にある豊かな自然環境だったのかもしれません。この豊かな場所を放っておくのはもったいない事です。親水公園として利用するための整備計画が持ち上がりました。


[2007年6月15日]
OK キャンセル 確認 その他