2017/10/26(木)MTG(えむてぃーじー)...少し昔のはなしです。

171026_001.jpg

なぜに11月...

日が決まっていたから仕方がないのですが...。けれど、どうして今日に限って恐るべき低気圧が来たのでしょうか。だいたい11月とかの寒い時期じゃなくて、もっと暑い時期にだってできたことなのです。低気圧が来て実感したのは湖の水面がすごく持ち上がることでした。いつもは膝ぐらいの水深なのに今日はヘソの上辺りまでの水深になっていました。この絶妙な水深は胴長の限界にかなり近いのです。さらに大きい湖には長周期的な波があることを,そのとき身をもって体験しました。後で調べたらそれ静振(せいし)というもので,洗面器の水面が揺れるような長周期の水位の変動だそうです。それで、さっきまでギリギリだった胴長の喫水線はもはや水面下。そうすると冷たい水が一気に胴長に侵入します。11月の大きい湖(日本海側)の水はやたらと冷たいですよ(パなく)。かなりの窮地です。

救世主MTG(えむてぃーじー)

171026_002.jpg
そんな窮状を救ってくれたのは、ベニア板に穴4つ。その名はMTG(えむてぃーじー)。何をしていたかと言いますと、実験装置の組み立てで、湖の沖に単管パイプを打ち込む作業でした。ちょっと考えたんです。単管パイプを組んで立方体を作る方法を。単管パイプの接続には直交クランプを使いますが,単管パイプが垂直かつ等間隔で設置されることが前提条件になります。単管パイプが斜めだったり等間隔でなかったりすると、直交クランプで固定できなくなってしまいます。自在クランプという手もありますが、それじゃゆらゆらして強度が出ないかと思います。波も強いですからね。ならば,やはり垂直等間隔です。その場合、水底のどこに単管パイプを打ち込むか,それに全てがかかっています。逆に言えば,これさえ間違わなければあとは何とでもなります。しかし,水底に目印をつけたりすることはできないですから,ちょっとここは悩むところです。それで,MTGの凄いのは,そんな小難しいことを考えなくて済むこです。手順はこうです。
171026_003.jpg

1)まずMTGを水面に浮かべます。
2)4箇所の穴に単管パイプを通します。
3)MTGを足で踏んづけて沈めます。

するとどうでしょう!単管パイプは正確な等間隔に配置されるではないですか。それから単管パイプを打ち込むわけですが、この時は垂直に打ち込めなくてもいいのです。あとは直行クランプで梁を渡す時に垂直に補正すればいいだけですから。凄いぞMTG!

171026_004.jpg

...ひとしきり作業を終えた時には胴長は水浸しで,水中にいる時は気がつかなかったのですが、陸に上がろうとすると胴長にたまった水が重くて足が上がらずに動けません。トドとかゾウアザラシとかオットセイとか,そういう動物が水中であんなに機敏なのに陸上ではのそのそとしている気持ちがよくわかりました。でうすから,上陸直前で脱皮する(胴長を脱ぎ捨てる)必要がありました。もうこんな仕事はやりたくない...です...orz。もう絶対にやりません。

つくりかた

モノより経験とは言いますが、ここで培ったノウハウはかなり大きかったと思います。もし、水底に単管パイプを打ち込んでやぐらを作ろうと思っている人がいれば、是救世主MTGを使ってみたら良いと思います。ホームセンターでベニア板を買って来てホールソーで穴を開けるだけですから簡単です。どうしても購入したいという方がいれば、エスペックミックにお気軽にお問い合わせください(笑)。

ちなみにMTGとはMatsuoka Tankan Guide のことで、松岡くんが考案した単管のガイドという意味です。よろしくね。

【木村保夫】
OK キャンセル 確認 その他