2018/03/19(月)浮島型カメ捕獲装置(かめぽちゃ)によるカメ捕獲の目的を整理します 

180309_1.jpg


2016年から取り扱いを開始した浮島型カメ捕獲装置(かめぽちゃ)
お陰様でかめぽちゃの活躍の場が少しずつ増えてきました。

180309_2.jpg


これまで採取されたカメ類は以下の7種となります。

・ミシシッピアカミミガメ
・リバークーター
・ペニンシュラクーター
・キタクロコブチズガメ
・ニホンイシガメ
・クサガメ
・スッポン
※当社捕獲実績以外の捕獲データも参照しています。

捕獲実績数としてはミシシッピアカミミガメが圧倒的に多く捕獲されています。

ここではかめぽちゃの利用目的をご紹介します。

【生物の保護】
① 貴重な水生植物(オニバス、ヒツジグサやタヌキモなど)をアカミミガメの食害から守る
ため
② 観光資源であるハスの減少に伴い、減少原因の一つと検討されるアカミミガメ
の食害から守るため
③ 水域に営巣するカルガモのヒナをアカミミガメが食害するため、ヒナが育つまで捕獲し、隔離したい。
1.jpg
2.jpg


【漁業被害・農業被害】
④ アカミミガメにより、淡水魚類やテナガエビの漁獲量の減少や漁具の破壊が見
られるため捕獲したい。
問い合わせとして、アカミミガメにより、レンコンが傷つき、製品価値が低下し
ているため捕獲したい。
③.jpg
4.jpg


【調査研究・教育,その他】
⑤ カメ類の研究のため。
⑥ 自然博物館で企画展示をするため。
⑦ 環境教育の一環として、アカミミガメを捕獲し、参加者に見てもらうため。
⑧ 外来種駆除活動の一環として。
⑨ 公共工事における特記事項において外来カメ類の駆除の記載があったため。
⑩ 外来カメ類があまりにもたくさん繁殖し、精神衛生上の苦情(気持ち悪いなど)が来たため。
⑥.jpg
⑧.jpg


このように、浮島型カメ捕獲装置は貴重生物の保護や調査研究や環境教育、農業
漁業被害の軽減、公共工事や調査業務など様々な目的で利用されている事が見て
取れます。

興味のある方はお気軽に問合せ下さい。

【山口・三島】
OK キャンセル 確認 その他