2018/02/28(水)オヒシバの種子が入荷しました!!

お陰様で、雑草の種子に関するお問い合わせを少しずつですが頂くようになり、
日々、種子の精製に気合が入る今日この頃です。

お問合せを頂く中で、
徐々に在庫が少なくなっていくものもありますが、
先日、某ドラマのようなやり取りが、、、
「オヒシバの種子が少なくなってきました…」
「あるよ」
「あるんだ!!」
そして、すっと出されたオヒシバの種子(未精製)。
いつの間に採取したんだ w( ̄▽ ̄;)w!!!
という訳で、少量ではありますが、オヒシバの種子が入荷しております!!

KIMG0290.JPG


オヒシバの種子(未精製)を絵にしてみました♪

2018/02/02(金)「雑草のたね」をお届けします!

180202_001.jpg


おかげさまで「雑草のたね」についてお問合せ頂くことが増えてきました。

中でも種子の状態や梱包状態を知りたいとの声もありましたので、ご紹介をさせて頂きます!
採集した種子はキレイに精製し、パッケージしてお届け致します!

ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。

【東建介】

2018/02/01(木)第6回いきものにぎわい企業活動コンテスト「公益社団法人国土緑化推進機構理事長賞」を受賞しました。

s-180201.jpg


エスペック株式会社と共同で取り組んでいる「毛原の森づくり活動『宝の山づくり』―京都モデルフォレスト運動」が、第6回いきものにぎわい企業活動コンテストにおいて、「公益社団法人国土緑化推進機構理事長賞」を受賞しました。

いきものにぎわい企業活動コンテストは、2010年「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」を契機に、日本の企業による生物多様性の保全や持続的な利用等の実践活動の広がりを推進することを目的とした表彰制度です。

受賞を頂いた京都府福知山市毛原地区で取り組んでいる「毛原の森づくり活動」は、
京都モデルフォレスト運動の枠組みの中で、企業、行政、地域が連携した里山再生活動です。
エスペックミックは2016年よりこの活動に協力し、在来種の栽培育成技術や自然観察の技術を応用、
「毛原の森に生息する多様な生物」=「お宝」と位置づけ、
従来の里山再生活動に加え、地域協働で展望台の設置や生き物見所マップ、ウォーキングコースの整備に取り組み始めました。

s-180201_02.jpg


2007年より多くの方々が地道に続けられた活動がこのような賞に結びつく結果となり、大変光栄です。
今後も継続して活動して参ります。

弊社では在来種苗の栽培育成、各地での樹林や水辺の再生に取り組み、
知見を蓄積してきました。いつも見慣れた企業の森や緑地も、いきものの視点に立つと意外な価値が発見できるかもしれません。
その土地の良さや企業らしさを引き出す生物多様性保全のお手伝いが出来れば幸いです。
お気軽に問合せ下さい。


【吉野・三島】
OK キャンセル 確認 その他