2019/02/27(水)東京都 隅田川テラス

190227_002.jpg


千住大橋近くの隅田川テラスに設置された湿地帯です。一般にビオトープなどの水際の土留めにはベストマンロール植栽済みベストマンロールが用いられますが,水位変動などにより乾燥と湿潤を繰り返す環境では,ロールのヤシ繊維が比較的早く分解されてしまいます。そのため,今回は繊維系ネット蛇篭であるベステック・ロックロールを土留めとして用いました。

続きを読む

2018/07/31(火)ビオトープの管理業務を行っています

当社は様々なビオトープの管理業務を行っています。
s-170529_017.jpg
s-170914.jpg


ただ単に雑草の引き抜きや植栽した植物の管理をするのではなく、
ビオトープを作った目的や、環境の変化に合わせて、生態系や景観に配慮した管理および生物調査を行っています。

管理内容としては

・外来動植物の除去
・管理作業時の、ヤゴなどの生物へ配慮した取り組み
・ビオトープを利用している在来動植物の確認と記録
・環境教育への利用

などを行っています。

s-070515_174.jpg
s-170817_004.jpg

↑水草などを除去する前に水際に置いておくことでヤゴなどを逃しています。

維持管理に困られているビオトープがありましたら、是非、お声掛けください!

【緋田・山口】

2018/07/13(金)お仕事体験

前回に引き続き、池野小学校で授業をさせていただきました。

今回の内容は【エスペックミックの仕事】を体験していただくこと。

生徒の皆さんには植物生産(植物の苗作り)と、ビオトープの維持管理(草刈り)をしていただきました。

さぁ、お仕事開始!

180712-2.jpg


180712.jpg



暑い中でしたが、皆さん真剣に取り組んでくれました。

作業中にメダカ、トノサマガエル、シオカラトンボなど様々な生き物を確認できました。

生き物を間近で観察できるビオトープを生徒の皆さんと一緒に、これからも育んでいきたいと思います。


【緋田・山口】

2018/06/08(金)池野小学校で生き物調べ

当社では、犬山市立池野小学校で環境に関わる授業を行っています。

今日はその第2回目の授業。
池野小学校周辺の昆虫と植物を調べます。どんな生き物がいるのか、非常に楽しみです!
180608 (2)-.jpg

180608 (24).jpg

みんな、イキイキ、ガヤガヤ、楽しく、怖く、調べた結果、

昆虫ではコクワガタ・ナナホシテントウ・セグロアシナガバチ
植物ではドクダミ・ツユクサ・オオイヌノフグリ

などなど、昆虫、植物、ともに30種類以上を見つけることができました!

普段、何気なく過ごしていると気づきませんが、池野小学校の周りにはたくさんの生き物がいることが分かりました。

池野小学校の5年生は国語の授業で「生き物は円柱形」という本川達雄先生の本を勉強しています。
身近な動植物に触れあうことにより、生き物についてだけでなく、国語の授業で習った内容についても、より深く理解して頂けたら幸いです。

【緋田・山口】

2011/04/08(金)愛知県 中井筋せせらぎ水路

181220_003.jpg

施工およそ3ヶ月後の状況

親水空間の創出のため,農業用水の水を使用してせせらぎ水路を創出しました.住宅地に近いこともあり,修景的要素を中心に設計されました.水際の植物は植裁済みベストマンロールが使用され,わずかな期間で良好な景観が形成されました.

短期間に良好な景観を形成させるためには,小さな苗を植裁するよりも植裁済み製品(植裁済みベストマンロール,ベストマンパレット等)の使用が効果的です.

ポット苗の植裁直後は苗と苗の間から様々な雑草が発生します.一般的に荒れ地の雑草は成長が早く,施工直後から短期間で植裁した植物を覆い隠してしまうこともあります.また,このような状態になった後の維持管理は多くの労力を必要とします.


181220_004.jpg
 =>
2003年5月7日
181220_005.jpg
2003年6月16日


写真から明らかなように,植裁済みのベストマンシステムの製品は雑草の種子が発芽成長する前に,導入した植物が群落を形成するため,雑草の発生を効果的に抑制することができます.

中井筋せせらぎ水路では,水路の 遮水にベントナイト系の遮水シート(パラシール)を使用ています.シートの上に土を入れ,植裁済みロール設置していまが,水域に植物が広がらないように水 底は薄くモルタルで固められています.植物の成長とその抑制のバランスを考えた設計といえるでしょう.

[2011年4月8日]
OK キャンセル 確認 その他