2019/02/27(水)東京都 隅田川テラス

190227_002.jpg


千住大橋近くの隅田川テラスに設置された湿地帯です。一般にビオトープなどの水際の土留めにはベストマンロール植栽済みベストマンロールが用いられますが,水位変動などにより乾燥と湿潤を繰り返す環境では,ロールのヤシ繊維が比較的早く分解されてしまいます。そのため,今回は繊維系ネット蛇篭であるベステック・ロックロールを土留めとして用いました。

続きを読む

2018/11/13(火)蓮沼川 自然石連結ブロックの緑化

181113_001.jpg


河川の護岸に用いる自然石連結ブロックは自然石を利用した護岸です。緑化を行うために現地発生土の客土などが行われますが,客土の中には様々な植物の種子が混ざっており,外来種の種子も多く含まれています。そのため,どのような植生になるのか不確実性があります。

続きを読む

2018/07/10(火)宮城県 味明川

180710_004.jpg


宮城県を流れる味明川の河川改修にあわせて,より,自然に近い河川を創出するためにヨシのベストマンパレットを設置して頂きました。設置は2017年8月に行われました。味明川は将来的には堰が設置されて水深が上がるため,将来的な水位にヨシが設置されるように基盤を少し盛り上げた状態となっています。

続きを読む

2012/07/20(金)東京都 井の頭自然文化園水生物館 ~井の頭池からのアオコの侵入を防止する~

181122_003.jpg


井の頭自然文化園の水生物館には地下水を水源とした水路があり,常時きれいなが流れています。この水路は井の頭池につながっていますが,井の頭池では夏 になるとアオコが大量に発生します。水路を流れる水の量はそれほど多くはないので,井の頭池で発生したアオコが水路に侵入し,せっかくのきれいな流れもア オコに染まってしまいます。そうした中,水路に堰をつくってアオコの侵入を防止することはできないだろうか?との依頼を受け,実際につくってみました。も ちろん,出来合のものはありませんから,多くの方の協力を得ながら堰をつくってみました。

続きを読む

OK キャンセル 確認 その他