2018/04/02(月)ただ今、「ススキ」の種子(小穂)を精製してます。

180402_001.jpg


ススキは治山事業を中心に法面緑化や造園工事で多く利用されてきました。
これまで流通していた多くのススキは外国産由来のススキでしたが様々な問題を含んでいたため、
今では外国産ススキの流通は見合わせている状況と伺っています。

一方、ススキは日本の国土形成や景観形成において欠かすことのできない植物の一つです。
当社では、先のブログに掲載させていただいたように、日本産ススキ種子の採取を行っています。

180402_002.jpg


ススキの種子は果穂から小穂を取り外したものを利用しています(一次精製)。
当社においては種子の出荷は小穂の状態で行っております。
 ※更に果実の取り出しまでの精製は行っていません(二次精製)。

180402_003.jpg


1グラム当りにどれだけの小穂があるかを数えてみました。
小穂はとても軽く綿毛がついているため、ちょっとした風で動いてしまうので、
細かい作業にため息もつけません(笑)。なかなか大変な作業でした。

小穂の量は、1グラムあたり、おおよそ1100粒でした。

数えながらよく小穂を観察すると、種子(果実)があるかないか分かってきます。
果穂を採るタイミングを逃すと既に中味がなかったり、
逆に早いと未熟だったり・・・奥深いです。

ススキのご入用はお気軽に問合せ下さい。

【山口・三島】

2018/03/30(金)日本産ススキ種子在庫リスト(採種地リスト)

180330_001.jpg


当社では法面緑化や治山事業において在来植物を利用いただくために、
日本産ススキの種子を採取しています。

採種場所を地図と表に取りまとめました。
180330_002.jpg


現時点で在庫のあるススキ種子は宮城県・千葉県・長野県・愛知県・岐阜県・大阪府・熊本県と、東北地方から九州地方にまでまたがります。

これらの種子を利用し、治山工事において利用される「萱株苗」や「在来種で緑化シート」を生産します。

ご興味のある方は是非、お問合せ下さい。
180330_003.jpg


【山口・三島】

2017/11/28(火)ススキの種子を採集しました。

171128_001.jpg


とある河川堤防まで足を運び、ススキの種子を採集してきました!
ススキは穂に長い芒(のぎ)があることで、似た植物であるオギと区別することができます。
秋晴れの青空にそよぐススキの穂に見惚れながら、沢山刈り取ってきました。

種子は場所によって、採集するには早かったり遅かったり採集時期はまちまちです。
採集に出かけたのに、種子が全て飛んでいた。。。なんてこともよくあるものです。

ススキの種子は種子ネットショップのリストにも追加します。
ご興味のある方はお気軽に御問合せ下さい。

【東建介】
OK キャンセル 確認 その他