ホーム 事例紹介 大阪府立大学(エスモス・ピラミッド型シュミレーター ESM)

大阪府立大学(エスモス・ピラミッド型シュミレーター ESM) スナゴケ順化試験装置

 

さて、この構造物は一体、何なのでしょう?モニュメント?発見された遺跡?

大阪府立大学では、2011年3月に大規模な植物工場施設と併せてスナゴケの培養施設の建設工事が完成しました。これはその施設内(屋内)で培養したスナゴケの屋外環境への順化試験装置(シュミレーター)なのです。

土間コン打設準備. 骨組み完成. ここから一気にいきます!
平成23年3月18日撮影 平成23年3月29日撮影 平成23年3月29日撮影

 

スナゴケ(正式にはエゾスナゴケ)は極端な乾燥に さらされても枯死しないという特製を備えている事で昨今、屋上や壁面緑化用植物として注目されている在来のコケの仲間(ギボウシゴケ科シモフリコケ属)です。エスモスは生育基盤にあえて土を用いず立体構造の特殊なマットで、このスナゴケを生育させたコケマットです(詳細は製品紹介をご覧下さい)。

HID照明. パネル可変コントローラー. 45~90度まで自在に調節可能.

平成23年3月29日撮影

平成23年3月29日撮影 平成23年3月29日撮影
同大学では、このスナゴケの培養についての研究を兼ねてより進めており、その生育特性を様々な角度からのモニタリングを通して明らかにし、都市の緑化用植物として更なる可能性を探っています。この順化試験装置は角度可変型の鋼板パネル(4面) 、 ミスト潅水と補光照明がプログラム運転できるようになっており、今後様々な環境条件を設定してスナゴケの生育モニタリングを行っていくことになります。
エスモスtheマグネット.
※プロトタイプ
完成状況(昼).
完成状況(夜).

平成23年3月31日撮影

平成23年3月31日撮影 平成23年3月31日撮影
完成してから思ったのですが、モニュメントとしてもありですよね。夜間に照明を点灯させてミスト潅水を行うと、これがどうしてかなり幻想的な雰囲気が出るのです。

 

概要

型番 ESM
寸法 W500 × D500 × H15mm
重量(㎡) 約2Kg(乾燥時)、約8Kg(湿潤時)
植生立体マット ポリプロピレン立体縫製(特許)  ・ 色:黒or緑
基盤材 ペーパースラッジ
保水マット 不織布
育成率 50%
管理 原則不要

関連商品の事例一覧

Copyright ©2013 ESPEC MIC Corp. All rights reserved.