ホーム 商品紹介 オギマット

オギマット 薄層のヤシ繊維基盤にオギを植えつけ育成させた、張芝状の緑化資材です。

製品写真

  • 型式:MSM-1100 、MSM-2000

特徴

●薄層のヤシ繊維基盤にオギを植えつけ育成させた、張芝状の緑化資材です。

●大きさは1枚当り1.1㎡あるいは2.0㎡と取り扱いやすく、スピーディーに現場に設置することが可能です。

●広い面積を充実したオギマットで覆うことで、水際や法面を保護し、河岸や湖岸を浸食から守ることが可能です。

●オギマットに使用される植物は地域在来の種子から生産・製品化するシステムをとっています。そのため、より風土になじんだ景観を形成することができます。※1

●オギマットは種子から生産しているため、地上部と地下部とのバランスがとれており、導入後は良好な活着を実現します。

●植栽当初から良好に生育することで、その他の雑草や外来植物(セイタカアワダチソウ、アメリカセンダングサなど)の侵入を抑制します。

※1 植物の生育は育成期間やその年の気候条件によって異なります。また、それぞれの地域の植物によっても生育に違いが生じます。そのため、植生の生育の程度には、ある程度ばらつきが生じます。あらかじめご了承下さい。

仕様

名称 MSM-1100 MSM-2000
サイズ W1.0m×L1.1m(±10cm) W1.0m×L2.0m(±10cm)
面積 約1.1㎡ 約2.0㎡
基盤材料 ヤシ繊維 + ポリプロピレンネット
使用条件 張芝に準じます

製品寸法・規格図

製品寸法規格図

オギマットの施工時の固定に関して

オギマットの固定は、通常、目串や固定ピンによって行います。 敷設したオギマットに、13本/枚(MSM1100の場合)または、23本/枚(MSM2000の場合)の目串もしくは、固定ピンを下図のように打ち込みます(下図:固定ピン打ち込み位置図)※1。
最終的な固定はオギが土中に根を張ることによって完成します。ヤシ繊維の基盤は徐々に分解され、最終的には土に還ります。その時点で植栽されたオギが十分に根を張り、オギ群落として機能します。

※1 現場によっては下図の固定が困難な場合があります。その場合は、現場に応じた固定を用いることになります。

ダウンロード

Copyright ©2013 ESPEC MIC Corp. All rights reserved.