ホーム ブログ [萱株] 萱株とは?打違えとは?

[萱株] 萱株とは?打違えとは? 2015年10月14日

萱株(かやかぶ)とはなんでしょうか?
的確に答えられる方はかなりの治山通の方(治山工事についてよく御存じの方)です。

ススキ株

ススキ株

萱株とは、治山事業の現場において、「ススキ」の株のことをいいます。
ススキ(Miscanthus sinensis)はご存知のように、日本の秋の風景を代表する植物で、イネ科ススキ属の多年生草本です。

丸太柵工(木柵工)現場

丸太柵工(木柵工)現場

萱株は一般的には現場周辺にある野生のススキ株を掘り取り、小分けにした苗(ここでは萱株苗といいます)のことです。
どういうところに使われるかというと、左の写真のような丸太柵工(木柵工)や丸太土留工、丸太筋工の緑化として用いられています。
植生の回復による土壌の流出防止や法面保護、景観形成を目的に利用されています。

定規図(丸太柵工)

定規図(丸太柵工)

左の図面は丸太柵工(木柵工)の定規図です。
萱株は一般的にはなじみのない規格寸法で表現されています。

「打違1m縄〆、茎長30㎝」
読み方すらわかりません。
「うちたがえ1mなわじめ、くきちょう30㎝」。
・打違:萱株苗を1束に束ねるときの苗の束ね方(方向)を表しています。
萱株苗には根部と茎部があり、束ねるときは根部と茎部の方向が互い違いになるように束ねることを表しています。
・1m縄〆:萱株苗1束の数量を表しています。
1束に束ねた萱株苗の数量は長さ1mの縄で束ねられる数量を意味します。つまり、直径32㎝弱を表します。
※ただし、明確な株数は定義されていない。

・茎長30㎝:萱株苗の茎高(草高)を表しています。
萱株苗の茎の長さ(高さ)は30㎝程度という意味です。

当社では平成23年度より、ススキの種子から発芽育成させたススキ苗【萱株】を生産し始めました。
治山における萱株苗の代わりとして、現場周辺でススキ株が準備できないような場合に、ご利用いただけたらと思います。

(2015/10/14 山口・三島)


カテゴリ:コラム, 在来種による緑化

Copyright ©2013 ESPEC MIC Corp. All rights reserved.