ホーム 事例紹介 大阪府 東井高野小学校「水緑園」

大阪府 東井高野小学校「水緑園」 ~学校ビオトープ・水辺の植栽会~

 

大阪市東淀川区の東井高野小学校のビオトープ「水緑園」をご紹介します。
上の写真は施工後約5ヶ月が経過した状況です。実はもともとこの池はコンクリート製の箱池だったのです。いかがでしょう、まだまだ出来たてホヤホヤですがなかなか良い雰囲気出ていませんか?

施工前 施工中 施工直後

昨年の4月(2007年4月)に学校側より「あまり大掛かりにならずにこの池を何とか生き物が住みやすいビオトープ池に生まれ変わらせたい」というご相談を受け、お手伝いさせていただく事になりました。使った材料はゴロタ石と川砂そしてベストマンロール(BR203)とルートボール(BC06)だ けで構造は至って簡単です。植栽会(下写真)の時にはまだ緑がなく出来上がってもどこか寂しい感じがしましたが、現在はアゼスゲとハンゲショウが鮮やかな 緑で池を取り囲み、ミソハギは元気に花を咲かせています。そしてスイレンの葉の間からはメダカが嬉しそうな顔を時々のぞかせています。

ま だまだ肌寒い2008年の2月に行なわれた植栽会の時の状況です。PTA会長のご挨拶に引き続き、植栽種であるアゼスゲ・ミソハギ・ノハナショウブ・ハン ゲショウについての紹介や植え方についての説明をさせていただきました。正直かなり緊張してしまったのですが、子供達やお母さん、先生方全員真剣に耳を傾 けてくれました。ついさっきまで寒そうにしていた子供達ですが「それでは植えましょう」という先生の掛け声で一斉に元気よく苗を植え始め、ちょっとてこず る場面もありましたが、あっという間に用意していた60株の苗は植え終わってしまいました。

学校の校庭にこんな空間があるのは嬉しいものですね。さてこれからこの「水緑園」がどんなビオトープ池に育っていくのか楽しみです。

関連商品

関連商品の事例一覧

Copyright ©2013 ESPEC MIC Corp. All rights reserved.