2019/06/14(金)ツユクサが成長しています♪

190614_001.jpg


「朝咲き夕は消ぬる月草の消ぬべき恋も我れはするかも」

凛とした佇まい、朝咲いて昼にはしぼんでしまう儚い姿…
儚い恋心を読む詩として、古くは万葉集にも登場するのがツユクサです。
花言葉もそのようなイメージからでしょうか、
『敬われない恋』『なつかしい関係』と言った
儚さをイメージした花言葉が多いのもうなずけます。

「露草色」と言う色の名前があるように、
以前からツユクサは色水遊びや染物に使われてるなど、日本人にはなじみの深い植物でもあります。
夏の暑い日差しの中、ツユクサの青色は清々しさと清涼感があり、気品さえ漂う感じがします。
「雑草」なんて言ったら、失礼な気さえしますね(笑)


190614_002.jpg
発芽したツユクサ。
大きく育ってくれるか心配です(>_<)
190614_003.jpg
ツユクサが成長を始めました!
脇芽からも新しい葉っぱが出始めています♪


今後も成長を見守り続けていきますので、次回のブログにもご期待ください!!!

ツユクサのご購入はこちらから
OK キャンセル 確認 その他