ベステック・リベットメント
(べすてっく・りべっとめんと)


ベステック・リベットメントは一般的にはネット布団かごと呼ばれるもので、鉄線の布団かごに対して合成繊維が用いられています。エスペックミックはドイツにあるベストマン・グリーンシステム社との技術提携のもと、日本ではじめて植生ロールを導入した企業です。日本国内では既に 20年以上の実績と、他社の追随を許さない様々なノウハウを持っています。植生ロールやヤシ繊維ロールの使用をご検討されるのであれば、是非、弊社にお問い合わせください。



耐候性マルチフィラメント・ポリプロピレンネット


 ベステック・リベットメントに使用されている、耐候性マルチフィラメント・ポリプロピレンネットは柔軟であるとともに高い強度を持っています。細いフィラメントはその一本ずつが耐候性の処理がなされています。また、無結節であるため、部分的にネットが破損しても全体がすぐにほつれてしまうことはありません。ネットは黒色なので、設置直後からあまり目立たず,自然の風景になじむようになっています。

耐候性マルチフィラメントポリプロピレンネット especmic


幅40cmの5つの隔壁によって構成されています。


5つの隔壁 especmic
 ベステック・リベットメントの大きな特徴は幅2mの製品が幅40cmの5つの隔壁によって構成されていることです。このことにより河床の形状や河床洗掘に対して柔軟に追随できるだけでなく、中詰材の偏りが抑制され、柔軟に変形しつつも常に一定の護岸厚を維持することが可能です。



ベステック・リベットメントはチャンバー・リベットメントと
プラント・リベットメントの 2タイプがあります。


チャンバー・リベットメント

 チャンバー・リベットメントは中詰材に50-150の割栗石を充填したものです。厚さはおおよそ20〜25cm程度です。あまり流速の速くない河川や、湖沼などで護岸として使用することができます。極めて柔軟に地形に追随するため、局所的な洗掘防止に用いることができます。チャンバー・リベットメントだけでは、植物の定着には自然に土砂が詰まった場合など、不確定であり、かなり時間を必要とする場合もあります。設置後、植物の定着を期待するのであれば、それぞれの隔壁に土砂の吸い出しを抑制する合成繊維のシートが格納のされたタイプを用いることもできます。チャンバー・リベットメントを設置したあと、現地発生土を間詰め水極めすることで、中詰材の間に土砂が充填され、護岸としての機能とともに、植物が定着しやすい条件を創出することが可能です。また、水生植物マットややチガヤマットなどを設置すれば、より確実に植生を定着させることができます。




ベステック・チャンバー・リベットメント especmic

プラント・リベットメント

 チャンバー・リベットメントに、あらかじめ植物が育成された植生ユニットを組み合わせた製品です。流速が速くヤシ繊維を基盤としたベストマンロールベストマンパレットでは植生の定着が困難な河川環境や水位変動が大きく塩分の影響があるような河川感潮域などで有効に機能します。




ベステック・プラント・リベットメント especmic

 各種ダウンロード

 関連情報

 ベリベットメントの事例一覧

 関連する製品

ベステック・ロックロール

ベストマンロール
植栽済ベストマンロール
ルートボール

エスペックミック株式会社

会社案内 お問い合わせ


  • 名古屋オフィス:
  • TEL 0587-95-6369
  • 〒480-0138 愛知県丹羽郡大口町大御堂 1-233-1
  • MAP

  • 東京オフィス:
  • TEL 03-5643-0305
  • 〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-13-7 日本橋岡村ビル 7F
  • MAP