ルートボール・ミニ

ルートボール・ミニはφ2cmの小さな苗です。
チガヤ、ススキ、カワラナデシコ、オオバコなど様々な植物に対応しています。



チガヤ草地をつくる

 チガヤ草地をつくるにはチガヤマットの利用が最も効果的ですが、予算に制約があったり、張芝から徐々に移行したい場合にはルートボール・ミニの植栽でもつくることができます。ルートボール・ミニを植栽する場合には1㎡あたり16pot(25cm間隔)植栽することで、およそ半年から1年でチガヤ草地を創出することができます。時間をかけてよいのであれば、1㎡あたりに植栽するルートボール・ミニの数量を減らせばよいのですが、空間に荒地雑草が繁茂するため、初期の維持管理にコストがかかる結果となります。また、堤防法面の場合ルートボール・ミニだけでは降雨により表土が洗われたり、場合によては雨裂浸食が生じますので、適切な法覆工との併用が不可欠となります。
鬼怒川の事例


連節ブロックの隙間の緑化

 ルートボール・ミニはφ2cmの小さな苗ですから、連節ブロックの隙間にも植栽することができます。法面に設置した連節ブロックの緑化はなかなか困難で、一般的には客土を行って完了とする場合が多いようです。しかし、適切な植物を導入しなければ、オオアレチノギクやセイタカアワダチソウなど様々な荒地雑草が侵入定着することとなります。連節ブロックの隙間にルートボール・ミニを植栽することで、適切な植物を容易に導入することができます。
ルートボール・ミニ especmic


萱株苗(かやかぶなえ)

萱株苗(かやかぶなえ) especmic
 ススキのルートボール・ミニは萱株苗(かやかぶなえ)として販売しております。萱株苗は主に治山工事における緑化資材として用いられ,従来のススキの現場掘り取りによる萱株よりもコストパフォーマンスに優れる製品として利用されています。

萱株苗(かやかぶなえ)について詳しくみる >
  

実験研究用の苗として

ルートボール・ミニ(ヨシ) especmic
 ルートボール・ミニは小さな苗ですから、実験研究に用いる苗としては最適です。チガヤなどの種子を供給いただければ,その種子からルートボール・ミニを生産することが可能です。実験用の苗をご検討されている方はお問合せください。

お問い合わせ

 各種ダウンロード

 ルートボール・ミニの事例一覧

 関連する製品

    チガヤマット
    ベストマンネット
    萱株苗
    ルートボール

エスペックミック株式会社

会社案内 お問い合わせ


  • 名古屋オフィス:
  • TEL 0587-95-6369
  • 〒480-0138 愛知県丹羽郡大口町大御堂 1-233-1
  • MAP

  • 東京オフィス:
  • TEL 03-5643-0305
  • 〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-13-7 日本橋岡村ビル 7F
  • MAP