2007/03/26(月)兵庫県 武庫川上流 オギ群落の再生

[2007/07/05]
190129_027.jpg
試験植栽範囲全景
190129_028.jpg
大型苗植栽部の状況
190129_029.jpg
大型苗から新しく伸長した地下茎
190129_030.jpg
プラグ苗植栽部の状況
190129_031.jpg
プラグ苗アップ
190129_032.jpg
プラグ苗の根茎発達状況
190129_033.jpg
隣接エリア(オギ根茎表土利用部)①
190129_034.jpg
隣接エリア(オギ根茎表土利用部)②
190129_035.jpg
低水敷部の状況


試験植栽から約3ヶ月経過し、オギの生育状況確認に行って来ましたのでご報告します。
まず大型ルートボールのオギは全ての苗が順調に成育していました。雨水による法面の表土浸食の跡は見られるものの竹串による苗固定の効果もあってか苗自体の脱落は全く起きていません。掘り起こしてみたところ地下茎伸長による新芽の展開も始まっていました。
ルートボールミニ(プラグ苗)のオギについては期待していた程の成長はまだ見られません。植栽後の一時的な乾燥を受けてか、一度葉を落とした痕跡が見られます。根茎の枯死までには至らず何とか復活して現在に至るといったような状況でした。しかしながら掘り起こしてみると、明らかに植栽当時よりも発達した根系が確認出来ましたので、今後の巻き返しが楽しみです。

続きを読む

2007/03/21(水)大阪府 点野歴史公園 ~地域住民との水辺せせらぎの再生~

[2007/7/5]
190307_013.jpg
放置された樋門跡地(施工前)
190307_014.jpg
多くの近隣住民の方々が施工に参加
190307_015.jpg
杭打ちには懐かしいタコ足を使用
190307_016.jpg
施工完了(通水前)
190307_017.jpg
水際に植えられたルートボール
190307_018.jpg
陸地部にはチガヤやカワラナデシコ
190307_019.jpg
はい、チーズ!
190307_020.jpg
当事業の取組みが日本経済新聞に!
190307_021.jpg
早くもミズガキ?が集まり出しました
190307_022.jpg
施工後約3ヶ月経過
190307_023.jpg
水位変動に耐え何とかアゼスゲも元気に
190307_024.jpg
化粧始めハンゲショウ(半夏生・半化粧)


弊社大阪オフィスのすぐ近く大阪府寝屋川市点野地区にて地域住民参加型の水辺公園づくり(茨田樋遺跡水辺公園整備工事)が今年の3月に実施されました。ねや川水辺クラブ(寝屋川市の市民グループ)のメンバーを中心に近隣住民も多数参加の下、手づくり感あふれる素晴らしい親水公園が出来上がりました。ここは元々農業用水確保のために淀川から水を引くための樋門の跡地で、閉鎖後は水は枯れ、ほぼ荒地となっていました(写真参照)。しかしながら手づくりのベンチや木製橋、様々な種類の苗木や草花、土に染み込んだ皆さんの汗により、かつての荒地は再び地域住民の憩いの場として見事に蘇りました。街中で見かけるコンクリート製のせせらぎ水路とはひと味もふた味も違う生き物の匂いのする懐かしい水辺を目指して、水際にはノハナショウブ、ハンゲショウ、アゼスゲ、セキショウ(水に触れても基盤が崩れないヤシ繊維基盤苗・ルートボール)、水路法面にはチガヤ(プラグ苗)、カワラナデシコ、ノカンゾウ等の野草の植栽が施されています。
全国にはこの樋門跡地の様な眠ったままの「市民の財産」がまだまだあると思います。今回のような取組みがもっともっと全国各地に普及していく事を是非とも期待したいですね。



[2007年3月21日]

2007/03/18(日)大阪府 小公園せせらぎ水路 ~まちに潤い空間を~

小公園のせせらぎ水路の水際を縁取った事例です.最近は学校にビオトープをつくることがとても多いですね.街角や小スペースにこうしたビオトープがあると,ちょっといい感じですね。

190307_025.jpg



ビオトープとはドイツで盛んに行 われており,いわゆるハビタット(Habitat = 生物の生息空間)と同義語とされていますが,日本では,比較的自由にとらえられており,学校ビオ トープや環境保全型ビオトープなど色々なビオトープがありますね.いずれにせよ,人々が身近な自然に関心をもつことがでる場所が増えることは好ましいこと ではないでしょうか?

この小公園も住宅地の中にあり,洗練された景観が形成されています.このせせらぎ水路の水際には植栽済みベストマンロール(植栽済み植生ロール)が使用されています.あらかじめ植物が植栽されているので,設置直後から良好な景観を形成します.このような場所にはもってこいの製品ですね。

続きを読む

2007/03/10(土)奈良県 馬見丘陵公園内チガヤ草原整備事業 ~古墳・遺跡公園内における在来種緑化~

070310_003.jpg


馬見丘陵公園(うまみきゅうりょうこうえん)は、奈良県北葛城郡広陵町から北葛城郡河合町にまたがる、馬見丘陵古墳群(4-5世紀築造)と良好な自然環境を活か した広大な都市公園です。奈良県と言えば古墳・遺跡の数、そしてその規模の大きさで全国的に有名な地域で、同県内には国営飛鳥歴史公園(奈良県明日香村)を始め、数々の古墳公園が点在しています。
この馬見丘陵公園において今から遡る事4年前の2007年3月に、約1,000㎡の範囲にチガヤ草地創出を目指して、24,000株のルートボールミニの植栽が実施されました。
植栽地のすぐ脇には施工当時も今も変わらず大規模なセイタカアワダチソウ群落が拡がっていますが、計画的な刈取管理の下、セイタカアワダチソウに被圧されることなくチガヤを優占種とした美しい低層草原がしっかりと成立・維持されています。

続きを読む

2007/03/01(木)京都府 福田川総合流域防災工事 ~河川感潮域・汽水域におけるヨシ群落の再生~

190108_003.jpg

福田川(水系)は京都府浅茂川漁港で日本海 に注ぐ二級河川で、流域の80%が山地で上流域にはゲンジボタルが生息し、下流域では緩やかな流れの川岸において見事なヨシ群落が至る所で見られます。しかしながら河口含めた下流域の網野市街地は昭和34年の伊勢湾台風や平成10年の集中豪雨等これまで幾度となく堤防決壊や溢水による浸水被害がもたらされてきました。これを受けて平成17年から福田川とその支流新庄川の延長約2.5km区間において堤防の嵩上げ・強化及び河道の拡幅事業が進められています。河川整備の目標として掲げられたのは
「ふるさと網野の、美しく豊かな環境と、人々のくらしを守る川づくり」

続きを読む

OK キャンセル 確認 その他