2003/12/01(月)神奈川県 望地用水路

[2005/10/13]
181130_003.jpg
ロックロール(ネットジャカゴ)の設置
により水路は自然な景観が
形成されつつある
181130_004.jpg
移植したセキショウの生育状況.
ロックロール(ネットジャカゴ)に
植物が定着している
181130_005.jpg
ロックロール(ネットジャカゴ)
のPPネットにはコケが生育していた
 
181130_006.jpg
ロックロール(ネットジャカゴ)
には様々な植物が定着しはじめた
 
181130_007.jpg
仕事で来たことを忘れてしまうような
のどかな風景が広がっていた.
次回はお弁当をもって…


 施工からほぼ2年が経過しましたが,水路は大夫自然にとけ込んできました.ネットジャカゴにも少しずつ植物が定着しはじめてきました.我々はほとんどの場合,製品の設置後の現場を長期間追跡調査しますが,現場ならではの発見が数多くあります.今回ロックロール(ネットジャカゴ)に多くの植物が定着していることが分かりました.これは背後の山からの水分の供給があることが一つの要因ですが,ネットのフレキシブル性により設置時に中詰めの石が動いて空隙を小さくしていることもその一つの要因かもしれません.もう後数年するとネットジャカゴ自体は植物にかくれてしまうと思います.
それにしても,ここはとても良い場所で,本当に身近な自然といった感じがします.仕事を忘れてしばし時間を過ごしました.

[木村保夫]



[2004/07/01]
181130_008.jpg
ロックロールの設置状況
181130_009.jpg
移植した現地のセキショウの生育状況
181130_010.jpg
曲線に柔軟に対応できるロックロール
181130_011.jpg
ロックロールに生育する植物
 
181130_012.jpg
周囲は水田.
『子供たちへ…』の看板がユニーク


 施工からしばらく経ちましたが,現地を訪れてみました.ロックロール(ネットジャカゴ)は2段,3段の多段積みとして異径鉄筋で固定してあります.こうして斜面から土砂が滑り落ちるのを防いでいます.ロックロールは繊維系のじゃかごであるため,その形状を自由に変えることができ微妙な河川の蛇行に対しても柔軟に対応することが可能です.また,鉄線とは異なりギラギラと光らないためより自然の景観にとけ込んでいます.なかなか良好な雰囲気が形成されていると思います.
工事にともない現地から掘り取って移植したセキショウの生育も極めて良好でした.今後が楽しみです.

[木村保夫]



[2003/12/01]
181130_013.jpg
施工前の状況
 
181130_014.jpg
ベステック・ロックロール(STW400)
とベストマン・ロール(BR306)
181130_015.jpg
現地に生育していたセキショウ
 


 神奈川県相模原市の望地用水路は山付きの水路で,2003年時点では,山の斜面に大きく生育した樹木が倒れたり,薄い表土が崩れたりするなど,かなり荒廃していました.周囲は手入れの行き届いた水田で水路としての機能を維持するためには改修が必要でした.一方,水路にはホタルが生息するなど身近な自然としても重要であるため,コンクリート張りとはせず,できる限り自然に配慮したかたちで整備が行われることになりました.こうした状況においてベステック・ロックロール(STW400:ネットジャカゴ)とベストマンロール(BR306:植生ロール)が採用されました.また,現地には多量のセキショウが生育していたことから,この現地の植物を使用することとしました.

[木村保夫]

[2003年12月1日]
OK キャンセル 確認 その他